消化器外科医師の転職と医療機関の募集状況 

消化器外科医師の転職と医療機関の募集状況 

 

消化器外科の医師求人は外科領域の求人案件の中でも特に数が多い案件の1つですが、転職を希望する場合は医療機関の募集状況について詳しく把握することが重要となってきます。

 

今回はいくつかの医療機関の募集状況について取り上げながら、ご紹介していくことにしましょう。

 

基本的に消化器外科の場合は、小さな医療機関ほど他の診療科目と一緒に診察している状況にあります。そのため求められるスキルは消化器外科の領域だけにとどまらず、健康診断も併せて担当する事になるケースが多いといえるでしょう。

 

また急性期病院なのか療養型病院なのかによっても、働き方が変わってきます。例えば救急体制が整っている医療機関の場合はある程度規模が大きな病院であることが予想されるため、消化器外科の診察に専念することができたり、一般外科医と連携を図る必要が出てくるでしょう。

 

一方中小規模の医療機関であれば、診察はもちろんのこと検査の業務から手術まですべて1人の医師が担当するとが多く、非常に多忙を極めます。

 

それから、診察と手術の対応が別になっているというケースもあるでしょう。つまりいずれかに専念することができるため、特定の分野でのスキルアップを図りたい医師にとってはベストな働き方だといえます。

 

ここ最近は肺がんをはじめ、呼吸器の疾患を患う患者が増えていることから、改めて呼吸器外科を新設する医療機関が目立ち始めています。ということは、今までのキャリアや得意分野を生かして働くことができるチャンスが増えているということでもあるでしょう。

 

呼吸器や縦隔、胸壁関連の疾患は専門性が高く、また肺がんで放射線治療や化学療法を用いることから、現場では専門医であった方が採用されやすいケースも見受けられます。

 

高齢者医療においても、呼吸器外科の医師は求められるようになりましたので、転職をする際は多くの医療機関の求人案件に目を通するとよいでしょう。

 

多くの求人件数を自力で集めることは現実的な話ではありませんので、転職サイトや人材紹介会社へ登録をしてコンサルタントに求人を集めてもらうことをおすすめします。